• スクリーンショット 2016-04-23 9.57.44
  • Facebook Social Icon
  • ダウンロード

Candleのご使用にあたってのご注意・灯し方

 

 

キャンドルを楽しむ前にこちらに目を通して頂けましたら、

尚、より良く、キャンドルを安全に楽しめますので、必ず、読んでくださいね

 

 

【ご利用について】

 

・点火中はその場を離れず離れる際には消火をして下さい。就寝時にも消火して下さい。

 

・不安定な所へ置かず,水平な所に置くようにしてください。

 その際、キャンドルの周辺に燃えやすい物などを置かないようにして下さい。

 

・点火中、地震による転倒にはご注意ください。※風の当たる場所では使用しないでください。

 

・キャンドルの下には必ず(お皿など)不燃材などを敷いてご使用してください。

 

・キャンドルのご使用にあたっての注意残量が少なくなり、

 同時に芯の残りが1cmのところでそれ以上のご使用はお止め下さい。

 

・点火直後、消火後は、WAXが非常に熱くなっていますのでやけどなどにご注意ください。

 

・お子様、ペット類などが口に含まないように、お子様、ペット類でのキャンドルの保管等は、

 近くに置かないようにご注意ください。

 

・直射日光、特に(西日)などに当たらない、冷暗所で、保管して下さい。

 

・使用後はゴミとして出される場合、燃えるゴミとしてだしてください。

 その地域の分別方法に従って出して下さい。

 

 

【キャンドルの楽しみ方】

 

・キャンドルの芯は根元から5~10mmの所でカットし、ご使用して下さい。

 

・灯す前に芯の周りや、上面に付いたほこりは、(柔らかい筆など)で、取り除いてから、点火してください。

 

・消火の際、芯をピンセットなどで余ったWAXの中へ倒し、消化しすぐに、

 真っすぐ起こして下さいこうすると嫌な臭いや煙が立ちません。

 

・点火中炎が小さくなった場合は、十分に注意しながら、

 溜まったWAXを、別の容器に移して下さい。炎が大きくなります。

 

・点火中、炎が大きい、煤が出る場合にはいったん火を消し、

 芯の先端(黒煤が付着部分)2~4mmをハサミなどで、カットして、再点火すると小さくなります。

 

・点火時間は短く繰り返さず、出来るだけ長く(WAXだまりが縁や壁へ広がるまで)灯して下さい。

 そうすることで無駄なくWAXが燃焼します。キャンドルの持つ寿命をより長く楽しみつつ、

 残ったWAXも少なくゴミも減らせます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now